一定(4)

| コメント(1) | トラックバック(0)
二人のポジションが一定・・・・。


ここまで長々説明してきましたが二人のポジションが一定であるということはクローズド・ポジションならクローズド・ポジション、PPならPPのボディーコンタクトを通してのウェイト・コネクションが維持されている状態を『ポジションが一定』だと呼ぶことができるのだと思います。


そこには許容されるコンタクトポイントの『ずれ』は有っても常に修正可能なものであるための『ウェイト・コネクション』(あるいはウェイト・コネクションに対する意識)は常にあるものだと思います。


逆にポジションを一定に保つのではなくあるポジションから他のポジションに変化させるとしてもその間ウェイト・コネクションは無くなりません。

体の進んでいく(シフトしていく)方向にかかわらず、常にボディーのセンター(この場合は重心を指します)をパートナーに向けてTowaradさせておき、ポジションの変化に応じてボディーコンタクトが変化するのを調整し、コントロールします。


人と人が体を寄せ合ってハグ(hug)したりキスしたりする習慣のない日本人にとってウェイト・コネクションは理解するのに難しいこともひょっとすると有るのかな、とも思います。ある意味そういう文化的背景だと思うのです。


しかし、このような認識を持って研究し、練習やレッスンに取り組むことによってだんだん理解が深まっていくものだと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/672

コメント(1)

最近、忙しいのですか?
カップルバランスについて聞きたいです。
楽しみにしてます。

日本人だけどHUGは結構しちゃうわ、あたし^_^

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2009年7月10日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一定(3)」です。

次のブログ記事は「連載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261