2009年6月アーカイブ

レッスン Part4

| コメント(0) | トラックバック(0)
私自身はベーシックの理解が一番重要だと考えています。ベーシックと言ってもベーシックフィガーの踊り方だけでなく、理解するべき事柄には以下のように分類できると思います。

・セットアップ
 ポイズ、アームポジション、コンタクト、ウェイトコネクション

・ポジション
 クローズド、プロムナード、アウトサイドパートナー、ウイング、セイムフットランジ、ファーラウェイ、他及び変化の方法

・レッグアクション・フットワーク・ボディーアクション(回転動作・CBM・スウェイ・NFRなど)とそれらの関連

・ピボット、スリップピボット、スピン、ヒールターン、ヒールプルなど個々のテクニックの解析と実践

・回転動作と遠心力、求心力


スタンダード種目の場合、ボールルームダンステクニックと言う本が出版されていますがこの本に収録されている内容には上記の事柄が全て網羅されています。それらの要素を理解する事でやはり奥深いダンスの本質に少しでも近づいていくのだと思います。

さらに同時にパフォーマンス力向上のため

・ スタミナ
・ 柔軟性
・ 瞬発力
・ 音楽性

を磨かなくてはなりません。自分自身に何が不足し、どこが長所なのかを見極め、長所は伸ばし弱点を克服し、上手くレッスンを活用しながら、自分なりのダンスを追及していってくださいね!

(うわ~、けっこう支離滅裂な文章になってしまいました。ご容赦を)

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261