2009年2月アーカイブ

Q.リバースターンをバランスよく踊る方法を教えて下さい。集中力が途切れないためには?(M.Hさん 女性68歳 踏暦20年)

A.このご質問がどの種目のリバースターンをさしているのかわかりませんがワルツやスローフォックストロットなどスウィングダンスの場合を考えて見ましょう。

まずは正しいホールドをする事がとても重要です。正しい腕や手・頭の位置、確実なコンタクトを心掛けましょう。

次にスウィングの成分について考えてみると
①ライズ&フォール
②回転動作
の二つに大別されます。この二つの動作に連動して
③スウェイ
が起こります。スウェイは一般的には①②の動作のリアクション的に起こるとも言えると思います。

リバースターンもライズ&フォールと左回転があります。その運動に対し運動に見合ったスウェイが必要です。もう一度一緒に踊る二人の動作を見直してみてください。

バランスが崩れた時のチェックポイントととしては、お互いが正しいタイミングでライズ&フォールをしているか、回転動作は内回り外回りに配慮しているか、勢いに会ったスウェイが出来ているかと言った点だと思います。

ところで集中力を保つためにはどのような事に気をつければよいのでしょうか?

競技会などでの集中力の源はまずは体力でしょう。ラウンドが進んで体力が落ちてくると集中力も途切れがちです。

次に大切なのは経験です。練習中とは違ってフロアクラフトなど気をつけなければなりません。他のカップルやフロアの形状が気になって思うように踊れなかったと言う経験がある方も多いと思います。

また、出来るだけ練習を重ねて正しい動作を身に付け、競技会でも同様に動作できるためのリハーサルも重要だと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ→〔go〕

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

こんばんわ

| コメント(2) | トラックバック(0)
miku2
大分大きくなってきました。もうすぐ11ヶ月です。

戦績

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日のムーアカップ&NATD杯では出場選手の皆さんお疲れ様でした。
競技会に足を運んでくださった皆さんどうもありがとうございました。
NATD杯では当教室の小杉組が3位ということで良い一年のスタートを切れたと思います。この調子で一年間突っ走ってほしいものです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

競技会では大体半分以上の選手が自分の思っていた成績よりも悪い成績しか獲得できないものだと思います。

いつも成績が上がり続けることはめったにありません。いつも一進一退、上がるとしても徐々にしか上っていきません。

自分で思っていた順位やラウンドよりも悪いところで落選してしまうと『何かを変えなければ』と思ってしまう訳です。もちろん今日よりも明日、明日よりも明後日と上達していかなければなりません。

でも、注意しなければならないことは何かを変える、ということが自分を見失うという風にならないようにしなければならないということです。

そこで一番大切なのはパートナーシップだと思います。競技会のたびに二人でその日に感じたことやそこから思ったこと、考えたこと、もっとこうしたいだとかああして欲しいといったことを話し合い、次の競技会で試せるように練習を積むことだと思います。その後でコーチの意見を参考に聞いてみるのも悪いことではありません。

『未来は今この時の積み重ね』とはよく言ったものです。こつこつとがんばってください。

ムーアカップ & NATD杯

| コメント(0) | トラックバック(0)
明日は今年初めての競技会が開催されます。

どんなダンスを見ることができるかとても楽しみです。
午前中から見に行こうと思っています。
出場選手の皆さんがんばってください!

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261