孤剣~用心棒日月抄 藤沢周平・著

| コメント(0) | トラックバック(0)
孤剣~用心棒日月抄

前作で藩主毒殺の陰謀に巻き込まれる形で脱藩し江戸で用心棒家業で糊口を凌いでた又八郎が今度は密命を帯び再び脱藩して江戸で用心棒家業をしながら活躍するシリーズ2作目。

おなじみの登場人物に腕利きの浪人・米坂が加わり、市井の人々の暮らし、献身的な働きの『嗅ぎ足』佐知との恋愛模様、宿敵・大富数馬との死闘、 公儀隠密、大老派との三つ巴の戦いと今作も盛りだくさんの内容で楽しませてくれます。

前作が楽しめた方はこちらも是非。このシリーズはあと2作ある模様。そちらも楽しみ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/627

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2008年7月16日 02:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもの品格 高橋義雄・著」です。

次のブログ記事は「野茂投手引退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261