『ダンスのからくり相談室』ひやけん版21

| コメント(0) | トラックバック(0)
Q.年齢のせいだとは思いますが、特に冬場は身体が硬くなって思うような表現が出来ません。
朝起きた時や夜寝る前、レッスン前などに身体を柔軟にするストレッチ法などを教えてください。また、より良いダンスをするのに日常で気をつけたほうが良いことはありますか?(踊子さん 女性67歳 踏暦15年)


A.怪我などを防ぐ為にも練習の前後のウォーミングアップ、クールダウンの運動は大切ですね。

私の場合は特に股関節が硬いので前後の開脚や足振り運動など股関節周りの筋肉をほぐすようにしていました。十分に体を温めてからダンスに入るのが良いでしょう。

そして翌日に疲れを残さない為には練習後のクールダウンも大切です。入浴後のストレッチは特に効果的だと思います。

また他には、腰痛を予防する為に夜、家に帰ってから腹筋運動を中心に背筋・スクワット・腕立てなどトレーニングを行っていました。特に競技選手で体の中で故障しやすい箇所があるならばそれに応じたトレーニングも必要かもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

公美子からの回答はこちら→〔go〕

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

皆さんからの御質問をお待ちしています。どしどしお寄せくださいね。

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ→〔go〕

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/572

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2008年2月22日 19:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「造物主〈ライフメーカー〉の掟 ジェームズ・P.ホーガン著/小隅黎訳」です。

次のブログ記事は「羊たちの沈黙」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261