レミーのおいしいレストラン

| コメント(4) | トラックバック(0)
レミーのおいしいレストラン


全くの子供向け、というわけではなくアニメーションの中に出てくるキャラクター達一人一人(一匹一匹)が魅力的ですしCGの技術はすばらしいなぁと感心させられます。ネズミたち一匹一匹の動きや集団での群れの動きの表現など正にあの、チラッと見かけたことのあるネズミさん達が思い起こされます。

今回は公美子の趣味でレンタルしました(自分では多分観ようとは思わない)。見終わった後、ほのぼの心が温まった感じがしました。小さな子供と一緒に見に行くならこんな映画が良いなぁと思わせられる映画です。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/570

コメント(4)

ディズニー単独のアニメは食指が伸びませんが、ピクサー絡みの作品は大好きです。個人的には最近迷走気味のジブリよりもアベレージ高いと思ってます。

公美子先生のコラムも拝見しましたが、あの時見学に連れて行った藤井君が就職とは時間の流れは早いですね。
同期の弟さんというだけで面識も無いまま彼のやる気を買って日本チャンピオンのスタジオを紹介してしまったものですから、頼むから本気で取り組んでくれよと密かに祈ってました(^^:) 。

この前話したらヒルタ君は誠実そうなんで大丈夫でしょうが、こっさん、リョージ、アツシの腹黒三兄弟に苛められないか心配ですねぇ。スタッフの皆様、今後ともよろしくご指導してやって下さい!!

アカデミー賞の候補作ですよね?
去年、美容院で見ました。(行きつけの美容院はDVDをみせてくれるんです。選べないけど。。^^;)
アニメなのに、とってもリアルで面白かったですね。
ただ、どうしても、ねずみの料理は・・・
偏見でしょうか?^^;

コンマサ君> 今回もやる気を買っての採用です。
いじめられても(いじめられはしないだろうけど)逞しく成長していって欲しいものです。

おてもさん> 私もそう思いました。『Anyone can cook』とは言えさすがにネズミの作った料理は・・・。手は洗ってましたけれどネ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2008年2月17日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さようならビル」です。

次のブログ記事は「造物主〈ライフメーカー〉の掟 ジェームズ・P.ホーガン著/小隅黎訳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261