『ダンスのからくり相談室』ひやけん版17

| コメント(0) | トラックバック(0)
この記事はダンスビュウホームページ上に連載している『ダンスのからくり相談室ネット版』との連動企画です。



Q.ワルツを踊る上で大事と言われていますが、スウィングの作り方がわかりません。どうやって作ればいいのですか?(むんろさん 男性・40才 踏暦7年)

A.スウィングとは簡単に言えば振り子のような動きのことを指します。私たちは床の上でライズ&ロアと呼ばれる、つま先・足首・膝・股関節を使った上下運動で音楽に合わせて振り子のような動きを表現します。

ワルツの基本ステップの多くは3歩一組で出来ていますね?
体重のある足の上でロアリングしながら1歩目を踏み出し、その足の上でライズをはじめて2歩目を振り出し、3歩目で体重を受け止め3歩目の上で次のロアリングを行う、と言うのが基本的な動作です。

ロアリングを行う時には姿勢を正しく保ったまま重力を利用してロアリングします。体重のある足の上できちんと体重を支えながら重力を利用します。重力を利用することで勢いが生まれるわけです。

その勢いを利用し更に筋力でコントロールしながらライズをしますが、バランスをコントロールする為、フィガーによってはスウェイを利用すると良いこともあるでしょう。

そして上手くバランスをコントロールしたら3の終わりで次のスウィングに向けてロアリングアクションを起こします。

また、内回り・外回りと言ったスウィングに伴って起きる回転動作にも気を配らなければなりません。

下半身をやわらかく保ち、またお互いのバランスを崩さないように気をつけながら思い切りよく動くように練習してみてください。


~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

皆さんからの御質問をお待ちしています。どしどしお寄せくださいね。

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ→〔go〕

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/472

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2007年8月 1日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月19日に向けて」です。

次のブログ記事は「御無沙汰しています。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261