2006年10月アーカイブ

B級戦&モダ新

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日(10月29日)はプロモダンB級戦でした。大変な熱戦だったと思います。

予選から決勝まで全部で6ラウンド、勝ち残ろうとする気持ちを強く持った選手が勝ち残ったと言う気がします。

もちろんそれまでに自分は勝ち残れると思えるだけの自信を練習などを通して掴まなければなりません。執念はどこから来るのでしょうか。勝ち残るには執念が必要です。モチベーションを高める工夫を考えるのも大切かもしれません。お客さんを喜ばせようとするサービス精神も必要です。

学生さんはモダ新でしたね。『ひやけん』を見たのかもしれませんが何人かの教えている選手から結果報告のTELがありました。いつもより成績が良かった選手も安心せず練習をしっかり積んで次の競技会に備えてくださいね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

練習会

| コメント(0) | トラックバック(0)
急ですが次に練習会の日程が決まりました。プロ限定ですが興味のある方は檜山ダンススタッフにお問い合わせください。

社交ダンス2

| コメント(7) | トラックバック(0)
先日の記事に中で『音楽があってダンスを踊る場合最終的なゴールは音楽性だと私も思います。』と書きました。すると『 ただ音楽性が最終と言うのが、やはり分からず、私の観点のダンスでは、ダンス=音楽だとしか思えません。やはり社交ダンスは独特なのですね!?』とコメントを頂きました。

う~ん。社交ダンスは独特・・・。

社交ダンスの競技会というのが元々独特と言えば独特ですし。

ダンスを踊るとき、つまりダンスを通して表現するとき『音楽と同調する』ということはやはり大きな大切な重要な事だと思います。

なぜならダンス競技会場ではそこにいる全て人の耳に平等に音楽が届いているからです。意識的に音楽を聴いていようと無意識だろうと音は全員の耳に届いているのです。そして自分達のダンスに観衆の共感を呼び込むためには全ての観衆に届いている音楽を自分の肉体を通して再現してみせることが必要だと思います。

優れたダンサーは時に音楽をコントロールしているようにさえ見えることもあるでしょう。そのことによって多くの者の共感を得ることが出来るのです。

また、ダンスを一緒に踊るパートナーシップ間の動きを調和させるためにも音楽を感じ取ることはとても重要です。たとえば男性が音楽を全く意識せずに女性をリードしようとしても音楽が聞こえてしまっている女性は違和感を覚え、気分良く男性の動きに反応することは出来ないでしょう。その結果お互い踊り心地の悪い思いをする結果になってしまいます。

このように『音楽・男性・女性』の三者が一体となって初めて踊る者と見る者の間に共感が生まれるのです。

とはいえ、社交ダンスの難しいところは自分が感じるままに体を躍動させれば良い、とだけはいかないところにあります。テクニック不足だったり二人で踊ると言うことに対して認識不足だと相手を知らず知らずのうちに押したり引いたりしてしまってバランスを崩してしまうことになります。

バランスが悪ければ音楽を表現することは困難になります。だからダンサーは皆、テクニックを習得することに必死になります。ここが社交ダンスの他のダンスとは違う難しいところで、テクニックの習得が不十分だと結局自分が耳で聞いている音に対して体が反応できないのです。

発展途上のダンサーの中にはテクニックの習得が目的だと取り違えてしまう人もいるかもしれません。だからそうではなくて『音楽があってダンスを踊る場合最終的なゴールは音楽性だと私も思います。』と書いたのです。

二人が組んで踊る。そこが社交ダンスの個性、独特な点なのだと思います。これはあくまで私個人の見解ですが。

とはいえ、音楽性・テクニックが完璧ではないと踊ってはいけないという訳ではありません。テクニックが未熟だろうと自分は自分、現状の自分の精一杯を表現するのに誰かに遠慮する必要はありません。

明日のB級戦はそんな発展途上のダンサー達の精一杯のパフォーマンスを期待したいと思います。ダンスを通して‘今’の自分を表現してください。応援しています!

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

今日はお休み

| コメント(5) | トラックバック(0)
今日はお休み。

最近お疲れって言うわけではなく、単に更新する時間がありませんでした。競技会シーズンですしね。

最近はKUMIKO'S COLUMNが充実してます。(ちょっとまじめにコンスタントに書いているようです。)覗いてみてくださいね。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

モダ新・六大学戦・天野杯

| コメント(4) | トラックバック(0)
私達は学生競技ダンス連盟所属の大学のダンス部でダンスを始めました(随分昔の話ですが)。ダンスと出会うきっかけを作ってくれた学連には感謝しています。

現役で選手として活動していた時は年のうち半分以上海外へ行っていたり自分のための調整で教室にいませんでしたし、特に競技会シーズンにレッスン出来ないことが分かっていましたので学生ダンスの選手は習いたいと言ってきてくれても基本的にはお断りしていました。

最近は日本にいる時間も長くなり(と言うかほとんどいますが)学生さんにもレッスン出来る環境になりましたので今まで応援したくても出来なかった分、これからは一生懸命応援していこうと思っています。

さて只今学生ダンスも競技会シーズン真っ最中ですね。先日の東都戦にもコッさん、サト、ヒルちゃんが見に行ってくれたので感想を聞いて参考にしながらレッスンしています。

10月29日にはモダン新人戦、11月3日には六大学戦、11月12日には天野杯と立て続けです。檜山ダンスにも出場予定の選手が数組習いに来ていますが是非頑張ってほしいと思います。みんな頑張れよ~。

そしてこちらは「どうだったかな~?」ととても気にしていますので成績が良かったときくらいはすぐに報告をお願いしますね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】
ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

首・肩が・・・

| コメント(2) | トラックバック(0)
檜山ダンスでは皆週末のB級戦に向け練習にも気合が入っていますが私はと言えばしばらく前から痛めている首がまだ痛みます。

それが元だと思うのですが肩がだいぶ凝っています。あまりパソコンに向かっていると良くなさそうですので今日はお休みします。そろそろ『からくり』も仕上げなくちゃならないのに・・・。

と言う訳で今日はこの位にしておきます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ
先日の日曜日、大阪でのJBDF選手権とは別に東京ではDクラス競技会が開催されていました。

檜山ダンススクールからは蛭田・浜田組が出場し、見事優勝しました。おめでとう!

当日は多くの方が応援をしに会場にお越しいただいたようで、心強い応援を背に踊ることが出来たようです。ありがとうございました。この場を借りてお礼をいたします。

スタッフたちもクラス戦では着々と成績を伸ばしていますが、ここからさらに伸びていってほしいと思っています。選手権で活躍できるようにがんばってください。

今後とも皆様の応援をお願いします。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】
週末、土曜日曜と大阪グランキューブにてプロフェッショナルJBDF選手権大会が行われました。

結果はモダンのみですが
優勝  谷堂組
2位  柳橋組
3位  家泉組
4位  前田組
5位  岡田組
6位  笹谷組
7位  末富組

準決勝は 小野組 河原組 青木組 三輪組 嶺岸組
(順不同) 
でした。ベスト48、24、準決勝と狭き門をくぐり抜ける大変な接戦だったと思います。
そういった意味では観客として楽しめました。
誰が勝ち残るのかドキドキします。

次のビックコンペは11月3日、新高輪ホテルで開催される統一全日本戦です。二人のハーモニー・音楽性・シルエット・動作・衣装・表情・マナーなど考え付くあらあゆる観点から自分達のダンスを再び見つめなおし統一全日本戦に臨んでほしいと思います。

その他部門結果はJBDF西部総局HPにアップされていましたよ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

社交ダンス

| コメント(10) | トラックバック(0)
昨日(10月21日付)の記事にこんなコメントを寄せていただきました。私が社交ダンサーの代表として語ろうなんて大それたことではありませんが、社交ダンスを踊る者としてとても大切な点だと思いますので私なりに考えていることを私なりの言葉で今日の記事として返信したいと思います。


~10月21日付コメントより~
それでは本当のダンスは何なのですか?競技ダンス、スポーツダンスと有りましたが、違う分野のダンスをしている私から思うに、社交ダンスとは何なのですか? 音楽を感じ無いですし、動くことが出来ません。 固まって、動いている感じしか有りません!ダンスはフリーに、そして躍動感が有るものだと思います!音楽性も当たり前ですし。 ホールドの中の筋肉は、どのように動いているのですか?
誠に失礼な質問ですみません!



はじめてです。さん> 

私の書き方が悪いため、もっともな御指摘だとも思います。ちょっと誤解を受けかねない『ダンス』と『社交ダンス』『競技(スポーツ)ダンス』を別物として区別すべきとも受け取れる書き方をしてしまいました。

私がここで言いたかったのは音楽性やフリーな躍動を無視してでも!と言うことでは全くありません。

社交ダンスはその競技の形式上、短時間の中でいかに審査員の注目を集め好感を持ってもらうかと言うことが必要になってきます。

そこで第一印象である身だしなみを整えるのと同じようにシンプルにホールドを見直してみては?と提案しました。

音楽があってダンスを踊る場合最終的なゴールは音楽性だと私も思います。

私自身もいわゆる『社交ダンス』に携わるものとして実際に音楽性がともするとないがしろにされ、ダンサーとして訓練していく上でウェイトが低いのではないかと言うことを残念に感じる事もあります。

音楽性を肉体で表現するためには繊細な筋肉の動き、コントロールが必要だと思います。ダンスを踊るダンサーが耳で聞き、感じた音と同調して筋肉を動かす。

『社交ダンス』の場合常に二人が接近して踊りますから二人で音楽性を一致・同調させなくてはなりません。同じ音楽を聴いていつも同じように感じるのか?そうとも限りません。音楽を聴いて即興的にそのときに感じた表現をする必要もあります。

そもそもホールドは二人の音楽性、筋肉の細やかな動きを互いに伝え合う『橋渡し』の役割をしなくてはなりません。ですから相手を締め付けて固めてしまうようではいけません。しかし同時にグニャグニャで不恰好でもいけません。

二人の足、脚部、ヒップ、背中、肩、首周りの筋肉の動き・躍動を二人が一緒に踊るため適度なトーンを保った手・腕つまり『ホールド』を通して同調させていくと言うことが必要になってきます。

『ホールド』の中の筋肉はどのように動いているのか?

これは大変重要な質問です。先ほど書いたようにホールドを固めてしまっては身動きが取れなくなってしまいます。ですから『ホールド』がそこに浮いていられるように筋肉を使います。

どういう事かというと、回転・移動その他の動きの勢いに対して『ホールド』を構成している手・腕が二人の間で一定の位置関係に浮いていられるのに必要な方向に筋肉を動かすのです。たとえば回転した後に体が止まれば勢いで腕は回り続けようとします。そこで男性はその勢いに負けないだけの必要な筋力でホールドの回転を止めたように見せます。

もう少し詳しく説明すると、一般に社交ダンスを踊っていく方向性は男性が主導権を持っていますので男性が行った動作に対して女性が気づくのにはわずかな時差があります。男性はその時差を計算に入れてホールドを一定に保つために筋肉を使います。女性のアクションが音楽と同調できるようなタイミングで動作することも大切です。そのためには音楽よりもやや早めに動作を伝える準備をしなくてはならない場面もあるでしょう。(言葉で説明するのは全く簡単なことではありませんね!)

『社交ダンス』或いは『競技ダンス』の競技の形式上、目立とう精神を強く発揮した選手が勝ち残っていくことも実際にはあると思います。最近特にその傾向が強くなってきているのではないかと危惧する声も聞かれます。

また、ホールドに対して深い理解をせずにとりあえず形にとらわれて固めてしまう方もいると思います。

このダンスを英語では『Ballroom Dance』と言うのですが私が師事したダンスの先生は競技がボールルームダンスを悪くする、と嘆いていました。

『社交ダンス』について私がこのブログで一貫して言ってきたのは『音楽に合わせて二人で一緒に躍動する』ということです。音楽と男と女。この三者が同調して初めて『社交ダンス』は意味の有る物になります。

私自身が果たしてそのような表現が出来ているか?と聞かれれば十分な自信はありません。ただそれを目指していますとしか言えません。元にほんチャンピオンがそんな事で良いのか?と言われそうですが。

『社交ダンス』は多くの方があらゆるレベルで楽しみ、競技会にチャレンジしダンスを磨いています。二人の筋肉の躍動を完全にコントロールし同調させ音楽を表現するという域にまで達するのは深い理解と訓練・経験、感性を高めることが必要です。

そのような(社交ダンスの)ダンサーが日本から多く出現するように願っています。
私の言葉がまだまだ足りないかもしれないと少し心配ですが今の私なりの考えです。
今回はコメントありがとうございました。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】
ロンドンインター観戦から少し時間が経ち、感じていたことが言葉になってきたので少し書いてみようかなと思います。

日本人選手に足りないことはズバリ

1.美しいシルエット
2.正しく適正サイズのホールド
3.しっかりした(堅固な)ホールドとボディートーン

ではないかと思います。

少し前まで海外の方々からのコメントは
「日本人の選手はホールドの形は良いが全体的に硬い。」
と言うものでした。このステレオタイプが完全に日本人選手或いはコーチの脳裏にこびりついてしまっている可能性があるのでは?と、感じます。

正しい立ち方やホールドは審査員に与える第一印象であり、これがまず疎かになっているようではいけません。また、スタート時は良い形でも動き出したとたんに崩れてしまうのも困ります。

もちろん崩れるといってもハッキリと崩れているわけではありません。ハイレベルの中で精密に見てみるとという意味です。

崩れてしまう原因はそれぞれのカップルにより異なることだと思いますが必死に動こうとして相手との位置関係を見失ってしまったり、ダイナミックに踊ろうとするあまり回転のタイミングなどが正しくなかったり、力を入れてはいけない筋肉が力んでしまったりする選手が特に多いように見受けられました。

また逆に必要な筋肉へのテンションが足りなくて体勢を崩してしまうこともあるでしょう。

その結果ホールドを通して二人の筋肉の躍動がシンクロせず、形を整えられない、効率的な運動が出来ない、バランスを崩す、疲労がたまる、と言った悪循環になってしまうのだと思います。

細部にこだわる事も必要ではありますが、もっとダンスを『競技ダンス(またはスポーツダンス)』と割り切ってシンプルに考え取り組んで行きたいと思っています。

審査員はそのカップルをほんの一瞬しか見ていないのですから。

明日・明後日は大阪でプロフェッショナルJBDF選手権とアマチュア全日本選手権です。また『競技ダンス』を良く見て来たいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

お知らせ

| コメント(2) | トラックバック(0)
以前、どなたかのコメントで「横浜方面で踊る機会はないですか?」という書き込みがありました。今度新横浜に行きますのでお知らせします。
ご都合があえば良いのですが。

日時:11月15日(水)5:30Door Open
場所:新横浜国際ホテル 南館

チケットはこちらで手配できますので檜山ダンススクールまで電話またはメールにてご連絡ください。また、主催者の連絡先もお伝えしますので直接お申し込みいただいても結構です。

電話番号・メールアドレスは檜山ダンススクールホームページにてご確認ください。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

メディア産業論

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回のイギリスへの旅行(もう留学では無い!)で最近停滞気味だった読書もややはかどりました。



メディア産業論
これは(前回と同じ)生徒さんの旦那さんの著書で興味があると言ったら贈呈して下さいました。

放送・通信・インターネット・新聞・出版・広告・映像コンテンツ・音楽といったメディア産業の実際の構造、新しい動き、これからの見通しなどがまとめられています。

(一応)著書・連載もあり、テレビなどへ解説など出演もし、レッスンDVDやビデオのモデルをしたり、ダンススクール経営者としては(一応)広告活動もしなくてはなりませんのでこれらメディア産業の概観が出来てとても参考になりました。結構面白かったです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

JBDF選手権

| コメント(7) | トラックバック(0)
帰ってまいりました。明日からは教室にて通常営業です。

さて、皆さん今度の土曜日曜は大阪の『グランキューブ』にてJBDFプロフェッショナル選手権が開催されます。

この大会は毎年秋、東京・名古屋・大阪・福岡・札幌の順に持ち回りで開催され、今年は大阪で開催です。

ロンドンインターから帰ってきた選手達がさらに調整して一体感のある力強いダンスを見せてくれることを期待しています。

最近のダンスの傾向はよりスピード感や運動能力が重視される傾向にあるといわれていますが、例えばあなたにカール・ルイス並みの走力・跳躍力があるとしても二人三脚なら相手と息を合わせなければなりません。

そこを忘れてしゃにむにハッスルしても一体感には程遠く、余計な疲労も募り、決勝までパフォーマンスを維持することが難しくなります。

内回りや外回り、お互いのタイミングの確認などを通して一体感のある効率的な動きでもって二人で踊られるこのダンスを表現してほしいと思います。

一方、競技である以上上位進出・勝ち残ることを目指すのは当然です。そのためにはスピード感と力強さが必要です。どのようなタイミングでどのようにスピードある動きの流れ・身体の躍動を作り出すのか。

二人の身体の位置関係と形、動きをよく観察し、熟練と経験が必要なこの課題にも果敢にチャレンジして大いに観客を楽しませて欲しいと思います。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

イギリスより[第六日目]

| コメント(2) | トラックバック(0)
只今空港のラウンジ内でこれを書いています。飛行機の出発まではまだ2時間あります。首はだいぶ回るようになってきました。クミはどこへ行ったのかなぁ~?皆さんの想像にお任せします。

今年1月のUK戦以来久しぶりのイギリスでの競技会観戦でした。色々と楽しくダンスを観戦し、クミともゆっくりダンスについて話すことも出来ました。これからのダンスの流れも見続けていれば見失わない気がします。

今回特に感じたのはアマチュアのレベルの向上でした。昔からアマチュアのトップの選手はターンプロをしても決勝、準決勝あるいはライジングスターの決勝レベルには入賞可能な選手が多くいましたが、今回感じたのはベスト48位から24くらいの選手の差がなくなってきたと言うことです。

世界中に一定レベルの技術が平等に広まっていると言うことだと思います。また身体能力にも優れた若い選手が技術もある一定レベルに達し、かつロンドンにも遠征できる資金も調達できると言うことです。

そういう状況の中で勝ち抜いていくためには相当の努力が必要ですね。日本の若い選手の皆さんも今はとりあえず時間もお金もダンスにつぎ込む気持ちで、それでも心の余裕は失わずダンスを楽しみ、追求していって欲しいと思います。応援しています!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

イギリスより[第五日目]

| コメント(4) | トラックバック(0)
当たり前ですが今日はこちらも日曜日です。

私たちが初めてロンドンに来たときは日曜日と言えばお店もどこも開いていないし、殺風景な日と言う感じでした。

キリスト教の影響(多分)で日曜日は休息日だったのがキリスト教以外の経営者がお店を開ける事にしたのか、または商魂に目覚めたのか最近はスーパーやデパート、殿様商売然としていた一部高級ブランドブティックまでオープンしていて一昔前とはずいぶん様子が違ってきました。

ですから日曜日と言えども繁華街には人出がかなり多くあります。

と言うわけで今日もハロッズと並んで有名なデパート『セルフリッジ』に行ってきました。とはいえ今は円安でポンドは今までに無く高値です。消費税(イギリスは17.5%)が返ってくるとは言えお買い得感も少なくさすがのクミも昨日靴を大量に買って買い物欲もだいぶ満たされているようで、今日はウィンドウショッピングのみでした。

ロンドンに次回来るのはUKチャンピオンシップの観戦、1月の予定です。丁度クリスマス明けのバーゲンシーズン。その時期にはお買い物目当ての日本人観光客も多く見かけます。

目当てはもちろんUK戦ですがそれまではまたしばらくイギリスからお別れです。
(首は相変わらず痛いです。トホホ。)

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

イギリスより[第四日目]

| コメント(6) | トラックバック(0)
今日の夕食はFulham Broadway駅近くにあるBlue Elephantというタイ料理やさんに小林夫妻と行って来ました。

小林さんとアマチュアの頃からお世話になっている小林さんと。以前『ひやけん』で書いたスコットランドへドライブ旅行へ行ってゴルフのTHE OPENをも見たときも小林さんと一緒に行ったんですよ。

Blue Elephantはとにかくクミのお気に入りのレストランでいつ行っても込んでいます。お勧めですよ。

昼間はとにかく公美子は買い物・買い物・買い物。特に靴のサイズが豊富にあるのがとにかく嬉しいようで(気持ちは分かる)今回も合計○足お買い上げ。Kumiko's Columnに載っている写真は実は一部です。

私はと言えば何故だか首が回りません。多分枕が合わないのか寝違いだと思いますがまさかクミの買い物し過ぎが原因???

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ
ピノ全ての決勝が終わり表彰式の前に競技からは引退するWilliam Pino & Alessandra Bucciarelliのすばらしいデモンストレーションがありました。彼らのスピーチ(録音されていた)の中で『競技からは離れるがボールルームダンサーではあり続ける』 という言葉通りこれからもすばらしいパフォーマンスを私達に見せてくれることと思います。

プロモダン結果プロモダン結果発表です。優勝はミルコ組。6位にこの競技会からアマ・チャンピオンからターンプロしたドメニコ組が入りました。

マリトースキープロラテンはマリトースキー組。感動の初優勝でした。スピード・安定感・美しさ。すばらしいパフォーマンスでした。すごい。


というわけで前日のブレントウッドでの競技会、予選から当日5時45分から深夜1時までの大会が終了しました。私達にとっては引退後初めて訪れたロイヤルアルバートホールでしたが内容の濃いダンスを見ることが出来ました。

ダンスの楽しさ、難しさを改めて考えさせてくれる時間を過ごす事が出来ましたが、現役時代に味わった感覚もまだ体の中にたくさん残っていて、とても興奮した二日間でした。
詳しい結果はこちらでご覧ください。ダンスニュースのHPに速報がすでに載っています。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

イギリスより[第三日目]

| コメント(6) | トラックバック(0)
今年の『INTERNATIONAL OPEN CHAMPIONSHIPS 2006』が終了しました。今年は引退して初めてこの時期にイギリスに来て競技会を観戦しました。

ロイヤルアルバートホールへはアマ・プロ共、モダン・ラテン4つのカテゴリーのそれぞれBest48組のみが選ばれて進出しています。

観戦する側としては内容の濃い、時差ぼけを忘れさせるようなあっという間の競技会観戦でした。

アマラテンでは瀬古組がブレントウッドでの予選を通過しアルバーとホールまで進出していました。また、プロラテンでは横田組が見事ベスト30(アルバートホールでの2回戦)まで踊りました。そのほかの日本人選手は中村(俊)組と山本組のみがベスト30進出だったことを考えるとすばらしい成績だったと思います。

横田組写真は横田組、Best30にて。ピンボケでごめんね。私のカメラではこれが限界。


ところでこのブログはロンドンのホテルから更新していますが部屋ではダイアルアップ接続しか出来ません。いちいち時間がかかる!そこでホテルロビー脇の共同パソコンコーナーに自分のPCを持ってきて勝手にLANケーブルを接続して更新しています(ホテルのPCでは日本語の読み書きが出来ないので)。

詳しい結果はこちらでご覧ください。ダンスニュースのHPに速報がすでに載っていました。
観戦記続きは後ほど。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ
ホテルを朝9時に出発してロンドン郊外のブレントウッドに行ってきました。毎年10月のこの時期にロイヤルアルバートホールで行われる
『London International Dance Championships』
はこのブレントウッドで予選が行われます。予選を突破したトップ選手のみロイヤルアルバートホールで踊るチケットを文字通り手に入れます。予選を通ると入場券がその場で手渡されるのです。

ちなみに前年、決勝・準決勝に進出した選手には特別な黄色い出場申し込み用紙が直接送られてきます。出場申し込みをすると予選を免除され入場チケットが郵送されてきます。

ブレントウッドでは予選以外にもプロライジングスター、ジュブナイル、Under-14、ジュニア、Under-21シニア、Over-50の大会がこちらは予選から決勝までが行われます。ラテンは全て火曜日、モダンは全て水曜日に集められています。

ジュブナイル写真はジュブナイル(12歳以下だと思います)。皆若いのに(ちっちゃいのに)小技が効いているというか達者に踊っています。たいしたものです。ませていると思います。

しばらく前まではジュニアからユースの大会にはイタリア人選手が大挙出場し、好成績を収めていましたが最近は中国、北欧、ロシア、旧ロシアの国々からの選手の活躍が目立ちます。北欧からの選手は昔から数組優れた選手が見られましたがそれ以外は最近の傾向です。将来のトップ選手がここから出てくるのでしょうか?

さて、私のお目当てはプロライジングスター戦です。普段日本で見ている選手がこちらでどのように見えるのか、とても興味深く観ました。日本では優れている点でもこちらでは当たり前、ということも多々あり、皆苦戦していたようでした。各選手の実力の底上げが期待されます。

決勝には日本からは庄司選手カップルが進出、準決勝には宮島、石原組が進出しました。庄司先生決勝入賞おめでとうございます!

プロライジングスター決勝戦を見終えたところで会場を後にしました。

ハロッズ写真は帰りに前を通りかかった世界一デントウのあるデパートとして有名な『ハロッズ』です。実際に夜になるとデントウが点いています。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

イギリスより[第二日目]

| コメント(8) | トラックバック(0)
渡英の際の楽しみといえばまず飛行機の中での映画です。普段忙しくてなかなか映画館に足を運んだり、せっかくホームシアターセットを買ったのにもかかわらずDVDを見たり出来ないので飛行機の中は寝る間も惜しんで小さな画面で映画鑑賞です。

ですから飛行機の中で映画リストを見て見たい映画が無かったりするとがっかりです。今回は見たかった映画があったので3本見ました。

『X-MEN3 ファイナルディシジョン』(★★★★☆)
X-Men特殊能力を持ったミュータントと人間との関わり、その特殊能力を征服のために使おうとするマグニートー率いる組織と平和利用・人間との共存を目指す『X-MEN』との戦いを描いています。私結構アメリカンコミックが元のMARVEL映画が好きなんです。スパイダーマンとかバットマンとか。

特殊効果技術のおかげでいろいろな表現が出来ることもあるでしょうが、今回の映画はかなり楽しめます。

ローガン(ウルヴァリン)が最後にどんな決断を下すのか・・・楽しめました。
と書いていたら全米公開時の副題は『ファイナル ディシジョン』では無く『THE LAST STAND』だったようです。こちらも意味は内容から分かりますが『ファイナル ディシジョン』も悪くありません。

『SPIRIT』(★★★★☆)

ジェット・リー主演の武術映画『スピリット』です。

テレビでジェット・リーのインタビューで「武術の武は、戦いを止めるという意味。」といっていたのを見て見たいと思っていました。ジェット・リーは本物の中国武術大会チャンピオンなんだそうです。

『スピリット』は中国実在のマーシャルアーツの フォ・フォンジュンの一生を描いたものでジェット・リーの哲学やメッセージがこめられた武術映画だと思います。

天津一との名声を求め、相手を叩きのめすフォ・フォンジュンがある出来事から家族を失い深く絶望します。瀕死の状態を救われた田舎で人間性を取り戻ししていく中で母と武道家であった父の武道とは己の心と体を鍛えるためのものだという真の教えに気がつきます。

アクションがやや派手過ぎるという気もしますが全体のストーリーとしては意図が良く伝わってくる映画でした。

『Click!(邦題:もしも昨日が選べたら)』(★★★☆☆)
CLICK!あまり期待せずに見ましたが結構楽しめした。人生を早送り・一時停止・巻き戻しできる『万能リモコン』を手に入れた男の話です。人生にとって大切なものとは?という問いかけにアメリカステレオタイプ的に答えています。しかし心温まる映画といえると思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

イギリスから[第一日目]

| コメント(2) | トラックバック(0)
無事ロンドンのホテルに到着しました。

ブレンダン今、テレビで『Come Dancing』をやっています。イギリス版『シャルウィーダンス?選手権』です。写真の男性はブレンダン・コールでしたっけ?お相手は女優さんだそうです。

カレンそれからこちらはカレン・ハーディー。日本にもファンが多くいます。

今度の土曜日から新シリーズが始まるようです。ダンスのレベルは日本のほうがうえな気がします。今日は明日の応援に備えて早めに休みます。それでは。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

行って来ます。

| コメント(2) | トラックバック(0)
飛行場只今、成田空港第一ターミナルANAラウンジで書いています。最近までこのターミナルは改装工事されていて出来上がってから初めて利用しています。ラウンジも以前に比べてだーいぶ広くなっています。

まだどこに何があるのか不慣れです。
ロンドンへは日付は変わらず今日着きます。向こうの夕方ごろです。

明日はロンドンインターライジングスターが行われます。もし出来たら様子もリポートしたいと思います。

それでは行って来ます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ
実は私の父方の実家は水戸の近くなんです。親戚も多く住んでいて当日は皆で見に来てくれました。わざわざ来てくれて本当にありがとうございました。

『ダンス・マイライフ』のイベントは毎年どこかの県で主催される『まなびピア』の中の一事業として行われていますがいつも10月のこの時期にあってイギリスで行われる『ロンドンインターナショナル選手権』と日程が重なっていて参加することができませんでした。

今年はたまたま茨城が開催地だった上に参加することができて良かったと思います。

そして私たちは明日から『ロンドンインターナショナル選手権』観戦のためイギリスに行ってきます。ダンサーたちのどんなダンスが見られるのか今から楽しみです。

参加選手への応援と間近で素晴らしいダンスに触れて来たいと思います。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

う~ん微妙。

| コメント(2) | トラックバック(0)
無事『ダンス・マイライフ in 茨城』も終了しました。今日のプロモダンC級戦では檜山ダンススクールの本多・勝組(パートナーは嶺岸ダンスカンパニー所属)が見事準優勝に輝きました。

年4回あるC級戦において3回連続優勝そして準優勝と昨年の白神・石口組に続いての好成績でした。

もちろん本人たちは優勝をするつもりで競技会に臨んでいたと思いますので悔しいところでしょう。その悔しい感触を忘れずに今年残りの競技会、来年のB級戦にぶつけてください。

続きは明日。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

C級戦

| コメント(2) | トラックバック(0)
日曜日は今年最後のC級モダンですね。本多先生の4連覇なるか?調子もよさそうですし、ぜひとも達成してください。

それから学生さんは都立大学にて東部2部戦ですね。良い報告を待っています。実力を十分に発揮して輝いてほしいと念じています。

みんながんばれ!

人気blogランキング
【人気ブログランキング】
第18回全国生涯学習フェスティバル・まなびピアいばらき2006が平成18年10月5日(木)~10月9日(月:(祝)体育の日)の期間開催されます。

その中で私が所属している日本ボールルームダンス連盟も【ダンス・マイライフ・フェスティバル IN 茨城 】と題して8日(日)水戸市青柳公園市民体育館にてボールルームダンスの普及活動の一環としてフェスティバルに参加します。

私たちも13時から行われるイベントの中でダンスを披露させて頂きます。その他にも茨城県内所属のプロフェッショナルによるフォーメーションや宮岡育人・恵組のダンスなど盛りだくさんです。

茨城にお住まいの『ひやけん』マニアの皆さん、お時間がありましたらぜひ足をお運び下さいね。入場は無料だったと思いますよ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

最近気になったニュース

| コメント(8) | トラックバック(0)
π=3.1415926535897932384626433832795028841971693993751058209749445923078164062862089986280348253421170679・・・。

円周率暗唱10万けた 千葉の原口さん念願の記録、自ら更新!

円周率暗唱の世界記録保持者である千葉県茂原市在住の心理カウンセラーが記録更新に挑戦し、十万けた暗唱を達成したそうです。

複数の立会人が交代で円周率を書いた紙を持って見守る中、開始から十六時間半後にぴったり十万けたに到達。記憶法は数字を語呂合わせの文章にして記憶しているそうで、十万桁目の数字は『6』だそうです。

はぁ~。小学生に円周率を3で教えようというこのご時世に10万桁!すばらしい。

10万桁・・・。想像を絶する分量です。これってスゴイ快挙ですよね。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】

完全復活

| コメント(2) | トラックバック(0)
うちのPC復活しました。もともとブログの更新、『からくり』執筆、メールの送受信ぐらいしか家ではやらないのでなくなると困るデータも特に無く、それは不幸中の幸いでした。

前よりも軽快に動いています。

今日はあれこれと忙しかったのでこの辺で。

人気blogランキング
【人気ブログランキング】


人気ブログランキング【ブログの殿堂】【ブログの殿堂】

ブログランキング くつろぐブログランキング くつろぐ

ただいまリカバリ中

| コメント(4) | トラックバック(0)
c0cd3ab0.jpgうちのPCただいまリカバリユーティリティにてリカバリ中。復活なるか?復活しても以前のデータは全て失われます。
トホホ・・・。

残念!

| コメント(14) | トラックバック(0)
ade65293.jpg凱旋門賞に日本から出走したディープインパクトは残念ながら3着に破れました。

でも期待を一身に集める中で良く走ってくれました。これからも応援して行きたいと思います。

ところでうちのPC、この状態からマッタク動きません。ケータイからの更新も3日目です。まだそんなに旧く無いのに。不便です。

行け!ディープ!

| コメント(2) | トラックバック(0)
盛り上がって来ました。後30分後出走ですね。うちのパソコンは不調ですがディープは絶好調。期待しています!

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261