国家の品格

| コメント(6) | トラックバック(0)


国家の品格
読みました。最近のベストセラーの中の一冊です。題名が堅苦しいですが、内容はそれ程ではありません。かる~い感じで読みきることが出来ます。

冒頭で筆者自身が『一番身近で見ている女房に言わせると、私の話の半分は誤りと勘違い、残りの半分は誇張と大風呂敷とのことです。私はまったくそうは思いませんが、』と断っています。確かに奥様の言われることにも一理有る気がします。

この本の中で著者が最も訴えたいことは国際人とは英語を操れる人のことではなく、その道徳観に対して尊敬を集められる人のことだから英語やコンピューターなどの便利な道具の使い方を覚える前に、日本古来の形や情緒を学んだり教えろと。個人がそのように振舞うことが出来れば国家としても品格が上がり尊敬を集めることが出来ると言うことだと思います。

尊敬を集めたいという下心を持てと言うわけでは全くないでしょうけれど。

頷けることも多く書かれています。

海外で暮らしていて気が付くことは『自分は日本人である』という事だと私は思います。さらに『自分は日本についての知識が足りない』ということです。知識が曖昧なことは英語がもし喋れたとしても説明できません。

『ambassador』という英語があります。意味は『大使』ということです。現役時代は年のうち半年は英国に暮らし、英国人と接していました。英国人は私という個人を通して日本、日本人を見ます。果たして私は良い『ambassador』だったかと言うと100%の自信は有りませんが、それ程ひどくはなかったと思います。

たしかに英国滞在中には『君が私にとっての英国人代表で良いのかい?』と(日本語で)毒づいかずにはいられないような人もいました。彼も英語は堪能なのには間違いありません。

多少日本礼賛が過ぎる感じもしますが、海外で武者修行をするつもりの若者は一読しておいても良いのでは?と思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/178

コメント(6)

国家とは其処の国の人間。
政治家という事ですか。

確かに大切ですね。
海外で一人の日本人が悪い事をすれば、日本人の代表ですし。一人の政治家の発言も日本人の代表の発言に取られます。

日本人と言うより国際的、国際人というのは今の時代では大切でしょうね。

かめさん> この本の中では政治家そのものについてはあまり言及されてはいませんでした。近年失われつつある日本古来の情緒を復活することによって日本は世界に範を垂れることができる、と説いていました。

国際的に通用する人になる、人を育てることを考えさせられる本でした。

この本は僕も以前読みました。
http://yaplog.jp/zakki-masaki/archive/48#BlogEntryExtend
僕は、教育に関して書かれたところに興味を持ちました。

先生のおっしゃる、“海外で暮らしていて気が付くことは『自分は日本人である』という事だと私は思います。”ということは良くわかります。
以前海外に住んでいたときに、やはり現地の人は僕(ら)を通して『日本』という国はどういうところなのか興味を持って聞きに来たことがあります。
まだ先の話になりそうですが、僕も英国を始め、海外に行きたいと思っています。そのときに恥ずかしくないように、英語以外に日本についてもう一度勉強しようと思います。

気になっていながらまだ読んでいないんですよね・・・
早速買ってみます!!

友井田くん> そうですね。いろいろなことに目を向けて行くことは良いことだと思います。ダンサーとしてはダンスが一番ではありますが。

ITおやじさん> 書評では評価が分かれているようですね。私は素直に頷ける部分のみ記憶に留めておきたいと思っています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2006年7月11日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紫陽花」です。

次のブログ記事は「お休み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261