量と質

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日のコングレスでは興味深い話を多く聞けた訳ですが、その中で、プロゴルファーの中島常幸さんが語っていたことの一つに「とにかく若い時には練習の‘量’をこなさなくてはならない、年を取ってからは体を休ませながら‘質'にこだわった練習をしなければならない」という言葉がありました。若いうちは考え込んだりけんかしたりしている間にもっともっと体を動かしたほうが良いし、みんな現役時代に多くの経験が出来るとよいと思います。『習うより慣れろ』ということも有ると思いますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2006年3月12日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「基礎体力を見直そう」です。

次のブログ記事は「DAMIANI」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261