スーパージャパンカップ2006

| コメント(4) | トラックバック(0)
お久しぶりです。3月3,4日の両日に亘って幕張メッセにて『スーパージャパンカップ』が行われました。明らかに上達している選手もいれば停滞しているように見える選手もいます。セグエでは十分に準備され、リハーサルされた演技は見ていて気持ちが良いものでした。成績が悪かったときに色々反省するのは普通ですが、良かったときにも次の競技会に向けての作戦をしっかり練ってみてください。次の戦いは既に始まっていなければなりませんよ。公美子は今回審査員でした。がんばっている全員に良い点数をあげたいのは山々ですが、そういうわけには行きません。ジャッジする側も苦しいし、心穏やかではいられないと思います。心が麻痺して、選手の苦しみや審査員の苦しみを感じなくなる人もいるかもしれませんが、私はそうはならないような気がします。結果は出ました。今の踊りに満足したり、今回の成績に腐ったりせずに自分のダンス、本当のダンスをもっともっと追求して欲しいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--pcktaa0a2trbyd7743cww0a.jp/hiyaken/mt/mt-tb.cgi/78

コメント(4)

腐りそうになっても先生がいつも力を与えてくれます。そのご期待になるべく早く添えるようにと思って頑張れます。これからもよろしくお願いします

自分の為にがんばってください。その頑張りがまた他の人に力を与えられれば最高です。ダンスにはその力があるでしょう。

ダンスは楽しい!
最近、そう感じられるようになってきました。
檜山先生には、いろいろな事を教えていただいて感謝しています。
もっと自分を変えていくようにがんばりますので、よろしくお願いいたします。

競技選手は良い成績ならダンスは楽しい、悪いと楽しくないとなりがちですよネ。真剣に取り組めば苦しく感じるときもありますがもともと好きでやっているダンスです。どうせやるなら楽しんでいきましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、檜山 浩治が2006年3月 7日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3ヶ月」です。

次のブログ記事は「プロ論2。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261