2006年1月アーカイブ

355149a9.JPG………に行ってきました。5時半ドアオープン、まずは新人賞にノミネートされたカップルが踊っています。ノミネートされたカップルの中から前年度の成績を基に最優秀新人賞が選出されます。以降同様に、最優秀殊勲選手賞,最優秀敢闘賞などが各ランキング毎に選出され、最後は最優秀選手賞です。若い選手はハツラツと元気よく、ベテラン選手もそれぞれが持ち味を発揮し、各賞毎の技術や表現力には差が有るもののはじめからドアクローズの10時まで、あっという間に時間が過ぎ楽しむことが出来ました。こういった形式のイベントはチケットの金額も高く、どうしても限られた愛好家の為のイベントになりがちです。何とか多くの方にもっと気楽に音楽と一体になり、且つカップルの息が合った若々しい躍動を見て貰う事が出来れば良いなと思います。(写真は会場に来ていた遠田、島崎両夫妻)

『ダンスのからくり』

| コメント(0) | トラックバック(0)
65c3cbe2.JPG今日の午前中は月刊ダンスビュウ誌に現在連載中の「ダンスのからくり」の為の撮影でした。撮影は毎回教室で行っています。写真の青いシートが背景になります。いつもなるべく判りやすく解説するように心がけていますが写真や文章に気を配っても誤解して受け取られたりなかなか難しいものです。少しでも参考にしてくれている人がいると良いのですが。夕方からは東京ボールルームダンスアカデミーです。檜山ダンスからは白神組と亀山がノミネートされています。引退して今回初めてゆっくり拝見します。とても楽しみです。(アカデミーの様子はまた明日。)
日本人は欧米人ではありません。
ですからよっぽどあちらで長く暮らしたり、友達でも持たない限り欧米の文化を体験したり、欧米人のように振舞うことは出来ません。
それでは日本に暮らす日本人にはボールルームダンスは踊れないのでしょうか?

二人で踊るということ

| コメント(0) | トラックバック(0)
4a5c7c8a.jpgダンスを二人で踊るということを男性の立場から見ると女性をエスコートすることだとも言えます。
音楽が鳴っている間中、迷わせることなくお互いを見失うことなく女性が気持ちよくフォローできるように心がけなければなりません。
これはレディーファーストの精神です。
今日から檜山ダンススクールは平常営業を再開しました。一週間教室を空けていたので、ファックスやメール、郵便物の確認や処理で皆忙しそうです。私も4月16日に行う引退パーティーの準備のスパートをかけなくてはなりません。しばらくは忙しくなりそうです。

社員研修 January 2006(6)

| コメント(0) | トラックバック(0)
1週間に亘る『社員研修 January 2006』が終了し、スタッフ達は日本への岐路に着きました。その間いつも檜山ダンスにおいで頂いている皆様にはご迷惑をおかけいたしました。また、せっかくホームページにアクセス頂いても公美子のコラムやサト日記、グループレッスンリポートも更新がストップしていました。
檜山ダンススクールは来週月曜日(23日)より平常営業に戻ります。当スクールを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。なお今回の『社員研修 January 2006』の様子は随時檜山ダンススクールHP上でもお伝えしていく予定です。どうぞお楽しみに!

2006 UK Dance Championship

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年のUK戦が終了しました。いつも思うことですが、競技から離れて初めて見えてくる事があります。やはり観客としての立場と競技選手(ダンサー)としての立場の違いがあるからだと思います。今回檜山ダンススクールのスタッフ達と一緒に来て、彼らには基本的に観客に徹して貰いました。もちろんダンサーとして同じフロアーで感じ取るべきことも多くあるはずですが、まず、自分がどのようなダンスを踊るのかというイメージを持って欲しいと思います。そしてそのイメージを形にして欲しいと思います。目先のことも大切なのですが、最終の目的を見失わずに研鑽に励んでください。
4f172640.JPG今日はゴッツォーリ組が見事なダンスで優勝しました。ボディースピード、ボディーシェイプ、レッグアクション、アームポジション、タイミングどれをとっても優れたダンスでした。まだ若く、これから年輪を重ねると更にどのような表現をしてくれるのか、楽しみにしたいと思います。
昨日(1月17日)はUK戦ライジングスターが行われました。プロスタンダード部門では残念ながら決勝に日本からは進出できませんでしたが、準決勝に前田、末富、岡田の3組が進出しました。6月には全英、10月にはロンドンインターが有りますが、きっと次こそは決勝に進出してくれると思っています。1予選から見ていましたが、上位に食い込ために必要なことは何でしょうか?色々必要な事はありますが、その内の一つは『自分を特別な存在に見せる演出』だと思います。それは何からそう見せればよいかと言うと
1.自分を信じ、自分の技術レベルを高める。
2.パートナーを信頼し、特別に大切な存在として扱う。
3.身だしなみを整え、好感を持たれる特別なドレスを選ぶ。
4.音楽を感じて感じるままに踊る。
それぞれが深い意味を持っていますが、この4つを常に(5年位は)意識し続ける事が出来れば自ずと『カリスマ性』も身に付くのでは?と思っています。がんばれ、日本の若いダンサー達!
海外に来ると飛行機に長い時間乗っている間に映画を見たり、夕食後にゆっくりと読書したりします。今回も何冊か本を持ってきました。『世界一わかりやすい株の本』と『世界一わかりやすい株の本・実践編』の内容は株取引の基本、株の価格の変動要因、株取引の際の心構え等を(本当に)分かりやすく解説しています。形式は受験生の頃の昔よく使った参考書のようになっています。『株取引』というと何か損をしそうで怖い感じがしますが、きちんとお金の勉強をすればリスクをコントロールできるし、株に限らずどんな場合でも物事の本当の意味を知ろうとする努力が必要なのだと思いました。これから先、株をやるやらないに拘らず、一読の価値はありそうです。


細野真宏の世界一わかりやすい株の本


細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編

初めてのMilan?

| コメント(0) | トラックバック(0)
1545f81b.jpgミラノのマルペンサ空港には今迄に2度来たことがあります。1度は競技会出場の為、次の時はダンスのレッスンを受ける為でした。どちらの時も飛行場と会場とホテルにしか行きませんでした。11日のジャッジの後、UK戦まで間があり、1月はヨーロッパのバーゲンシーズンということで今ミラノに来ています。3度目で初めてゆっくり(公美子が大好きな)ショッピングにも行きましたし、Duomoに登ったりダ・ビンチの『最後の晩餐』も見てきました。公美子は買い物三昧で大満足なようです。綿谷さんお世話になりました!!今日ボーンマスに移動です。UK戦観戦が今から楽しみです。

プロ論

| コメント(0) | トラックバック(0)
各界で活躍する50人へのインタビューが簡潔にまとめられています。それぞれの生きてきた、戦ってきた或いは積み重ねてきた経験から紡ぎ出されたその人ならではの言葉は強い力を持って迫ってきます(私にとって耳が痛い言葉もたくさんありますが)。それらの言葉を吟味する為にもう一度読み返してみようと思っています。


プロ論。

社員研修 January 2006(5)

| コメント(3) | トラックバック(0)
海外へ行くのが初めて、という者がほぼ全員の今回の社員研修ですが、海外に出たときは基本的にはすべて自己責任ということをしっかり認識しておいてください。今回については団体行動ですがなるべく自分は何もしないで皆にまかせっきりというのでは今後自分が困ることになります。自分のことは自分でする、自分が出来ることは他人任せにしない、これらのことをきちんと踏まえての行動を心がけれようにしてください。特に……!!!

社員研修 January 2006(4)

| コメント(3) | トラックバック(0)
UK戦の予選は3予選までが『アフタヌーンセッション』と言われ3時ごろに終わります。それを通過してベスト24に残ると7時ごろから始まる『イブニングセッション』で踊れるわけです。アマチュアで参加していた時は1回も残ることが出来ませんでしたが、プロになって初めて残った時はそれはうれしかったのを覚えています。その辺りまで残れるようになっても、日本国内だとかなりトップクラスの選手ですが、海外では誰もがその選手を知っていると言う域には達しません。しかし、ベスト24までコンスタントに残れるようになるまでが本当に大変だとも思います。海外の競技会に参加する日本人選手は多いのですが観光気分でただ参加するのではなく、常日頃から研究や練習に励んで出来るだけ多くのラウンドを踊れる選手になって欲しいものです。

社員研修 January 2006(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日は『スターチャンピオンシップ』という競技会の審査員をしてきました。ラテンでは北條明センセイが審査していました。海外で審査をするのはこれが初めてでしたが、審査の際に使う筆記用具は自分で用意するというのを知らなくて(たまたまペンを持っていましたが。)驚きました。
私は審査していましたのでそれ程でも無かったのですが、見ていた公美子には眠気が襲ってきたようです。日本人の観光客が英国の競技会を見に来て居眠りしているのをよく見かけます。時差が9時間(冬時間)ということで競技会が終わるのが夜12時ごろなので日本で言えば徹夜をした翌朝の9時ごろになります。スタッフのみんな!客席で居眠りだけはしないでね。どうしても眠たければホテルに帰って寝てくださいヨ。

社員研修 January 2006(2)

| コメント(2) | トラックバック(0)
今回教室のスタッフ全員で、UK戦を見に行くわけですが、皆海外に行くのが初めてという事で、まずは海外の雰囲気を見てほしいと思います。一回行ったぐらいでは慣れるということはないかもしれませんが、何事も経験です。また、競技会で自分が知っている選手(日本人も海外の選手も含めて)がどのよう見えるのかも良く観察してほしいと思います。スピード感、存在感がある選手・無い選手、エネルギッシュ、ハッピー、積極的に見える選手・見えない選手、よく見比べてほしいと思います。素晴らしいトップ選手に目が行きがちだと思いますが、自分だったらどの様に踊るか?というヒントを得るためにも全て目に入るものを観察してほしいと思います。私達はスタッフより一足早く今日出発です。それでは行ってきます。
昨日8日は来る4月16日に行います私達の『引退披露晩餐会』の音響・照明、台本、ビデオ作成、会場など打ち合わせでかなり忙しい一日でした。ダンサー、実行委員の方々、裏方さん、来賓の方々など多くの方のお力をお借りし、当日ご来場いただく方々に楽しんでいただけるイベントにしたいと思っています。皆様どうぞお力をお貸しいただけるようよろしくお願いいたします。

社員研修 January 2006(1)

| コメント(0) | トラックバック(0)
1月16日から21日まで社員研修の為、1週間檜山ダンスはお休みをいただきます。今回の目的はイギリスのボーンマス(Bournemouth)で毎年行われる英国3大ダンスイベントの一つである『United Kingdom Championships(UKチャンピオンシップ)』の見学です。スタッフの皆には出来るだけ多くのものを見て聞いて感じて欲しいと思います。檜山ダンスに通っていただいている皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程お願い申し上げます。明日以降の『ひやけん』ではUKチャンピオンシップの見どころについて思いつくままに挙げて行きたいと思います。
……皆様いかがお過ごしでしょうか?12月25日に私達が体験したことはまだまだホンの序の口だったようです。今年の大雪は本当に大変なようです。先日は停電で新幹線の暖房も停止してしまったというニュースもありました。秋田にはダンスパーティーに招待されて今迄5回ほど行きました。雪による事故などが無いように願っています。
昨日1月3日は正月休み最後の日、六本木ヒルズの映画館に行ってきました。見た映画は『ハリーポッターと炎のゴブレット』。シリーズ4作目です。今までの4作の中で一番映像的な刺激が強く、子供向きなの?と言う感じです。ずい分前ですがジュラシックパークを見に行った時も小さな女の子が耐え切れずに途中で退出していました。あと、主役3人がお兄さんお姉さんになったなぁ。というのが感想です。ところで今日は他にも用事があったので車であちこち行きましたが、まず、『箱根駅伝』次に『明治神宮初詣』にぶつかり、大渋滞。この時期はいつも渡英していた私達にとって想定外でした。来年は気をつけよう…。檜山ダンスは今日から営業です。改めまして今年もよろしくお願い致します!
526e19f8.JPG皆様明けましておめでとうございます。
今年が皆にとって良い、充実した一年になりますようお祈りいたします。私自身もテーマを持って、着実に前進していきたいと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2006年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261